おせち通販ランキング:ネットでのご予約はこちら

おせちを食べる日

おせちを食べる日 おせち料理は、本来は「年迎え」の膳として大みそかに食べるものでしたが、現在ではほとんどの地域で1月1日に食べられているようです。
北海道など一部の地方では、まだ大晦日に食べる週間が残っています。

おせち料理は、他にも以下のような目的があります。

・新年の御祝いとして
・新年三が日の間、お母さんの手を休ませてあげる。
・お店がどこも休みなので保存食として。
これらのようなことがありましたが、現在は24時間営業のスーパーやコンビニがありますので「保存食として」という意味はあまりなさないようになっています。

やはり「祝い膳」としての意味合いが強いですよね。
1月1日、家族そろって「いただきます」と食べるのが一般的です。

その他に多いのは、大晦日の日に年越そばを食べて、そのあと紅白を見ながらおせちをつまむというご家庭もあるようです。


【2015年度版 おせち予約人気ランキング】

おせち料理 価格 おせちのおすすめポイント
9,720円~
30,000円
京おせち

食のプロが作る京おせち
もともとは管理栄養士の先生が考案したメニューを冷凍で配達するサービスをしているところなので、 冷凍の技術はお手の物。ネットショップのグルメ賞を受賞しているところなので味、質共に間違いはありません。金額も1万円からと色々選べるのでバリエーションも豊か。お子さんが喜ぶ「ポケモンおせち」も人気です。

10,800円~
32,400円
てら岡

見た目の豪華さ&老舗の味と技
なんといってもここのおせちはボリューム&品質ともにピカイチ。 博多の厳選食材をつかい、伝統の味と技を再現しています。 37年間、お客さまの声をもとに改良してきた料亭のおせちは一度は食べる価値アリです。

26,000円~
50,000円
とんでん

北海道の生おせちを直送
北海道生まれの和食レストランが手がける生おせち。 新鮮な状態のままクール宅急便で届けられます。 ふたを開けてすぐに食べられるので手間がかかりません。※2014年11月現在、50,000円のおせちは完売

15,800円~
29,700円

博多久松

お重がとにかく大きい。1.8倍&総重量4キロ
博多の和洋折衷本格料亭おせち。 ここのおせちはお重の大きさがほかと比べてもかなり大きいのが特徴。 隙間なくぎっしりと詰まったおせちはなんと4キロもあります。 ボリュームを求めたいあなたはこちらがおすすめ。

10,800円~
27,000円

東京正直屋

創業90年の老舗おせち。冷凍技術にこだわり
最先端の技術である「プロトン凍結」は、急速凍結で食材の細胞を壊さないので、生おせちに近い風味が味わえます。 和洋折衷の豪華おせちは全部で15種類。お食い初めやお祝いごとに多く利用されている正直屋が作るおせちです。

Page Top ▲